美髪

シャンプーの仕方って学んだことありますか?

本当のシャンプーのしかたを教えてもらったことありますか?

『ちゃんと洗ってるはずなのになんだかべたつきや臭いが気になる』

◦髪には気を使ってるはずなのに、なんだか重さを感じる
◦濃い色の服を着るとちょっとだけフケが気になる
◦髪に良い成分を使ってるはずなのに効果がない気がする
◦夕方になると頭が痒くなる
◦美容室の後はさっぱりするのに普段はあまりしない
そんな時はもしかしたら洗い方が間違っているかもしれません

私が長年ヘアメイクさせていただいた皆さんにお話を聞いていると、

正しいシャンプーの仕方を知っている人はなんと全体の1%にも満たなかったのです
それもそのはずですよね、学校の授業にないですし、習う機会はなかなかありません
しかし、今からでも十分に間に合います

シャンプーは頭皮を洗うもの

頭皮って実は皮脂の分泌がとても多いところです
そのため雑菌がとても繁殖しやすかったり、毛穴を狭めてしまったり、健康で太い美髪の発育を邪魔しているのです

大切なのは良質な油分を正常に髪に届けて
古くなったら適度に汚れごと洗い落とし風通しの良い頭皮を目指すことです

シャンプー選びの決め手は洗浄成分

「全成分表示を見るけどさっぱりわからない…けど気になる!」という方ってきっと多いですよね。そんな人のために、シャンプーの配合成分をチェックするコツをお教えします。実は…シャンプーの場合は表示されている成分の8〜9割が洗浄成分だと思って間違いありません! だから本来、シャンプーは洗浄成分で選ぶのが正しい方法。でも最近は、シリコンや防腐剤などそれ以外のわずかな成分に目が向いてしまい、肝心な洗浄成分や美容成分をチェックしていない人も多いよう…。正しいシャンプー選びができるよう、下の洗浄成分の一覧をぜひ参考にしてみてください

引用:美ctionary

実は奥深い正しいシャンプーの仕方

『シャンプーで髪の毛は痛む』って本当?

答えは、シャンプーで髪の毛では痛みます。

・髪が濡れるということ
・髪の毛同士の摩擦が増えるということ
・シャンプー剤は洗剤であるということ

すべてが髪にはダメージです

以前の記事でも紹介した通り髪が一番の痛むのは『濡れた状態』です
水分に触れると髪のキューティクルが開いて髪内部の栄養が流れてしまったりキューティクルも柔らかい状態なので物理的な刺激に弱いです

キューティクルは髪の毛の皮ですが一枚皮ではなく
何枚もの皮が重なって作られているため ぶつかったりこすったりすると剥がれ落ちてしまいます

シャンプー剤は洗剤(界面活性剤)なので
髪に成分が残ってしまったり必要なものまで洗い流していますが、
分泌された油分に、大気中のチリ埃や排気ガス等が吸着して、

それが汚れとなって髪や頭皮に付着します

1日経った髪の汚れを水に溶かして洗い流す仕事をしているのがシャンプー剤です。

『でも、古い皮脂やスタイリング剤などの余分な汚れは取らないといけないし』

「適度な洗浄力のシャンプーと洗い方で傷みを最小限に抑えること」
余分な汚れはしっかり落としつつ、毛髪の油分はしっかり残せるシャンプーを使いましょう。

シャンプー剤の紹介

タイプ別によって最適なシャンプーは違うので、タイプ別診断をしてない方は
チャートによるタイプ別診断をしてくださいね

なんとなくシャンプー剤が選べたら
毎日の正しいシャンプーの方法と簡単なマッサージの仕方を紹介します

正しいシャンプーの仕方

シャンプーは美髪にとって非常に重要な基本です!

「正しいシャンプーの仕方」とは

1.シャンプーは夜にすること

その日の汚れはその日のうちに落としましょう

2.シャンプーの極意は予洗い

予洗いが7割の汚れを落とす

シャンプーの本来の目的は「頭皮を洗うこと」

最初にブラッシングをして髪についた汚れを落としてすすぎます。

3.シャンプーの温度は40度以下

熱すぎるとかえってかゆみとフケの原因になります

4.シャンプー剤はまず手に伸ばして泡立てて

シャンプーを手のひらの上で伸ばして、少し泡立ててから指を開いて全体になじませてください

5.頭皮は下から上に洗うこと

髪の毛は、首元の部分の毛が1番多いのです

まずここを入念に洗いつつ、下から上に洗いながらと上へあがってください

6.シャンプーの要はすすぎ

締めはすすぎ、しっかり洗剤を洗い流してください。

特に耳の後ろ、首元を入念に

選び方から方法まで、正しく行い、いつものシャンプーを美髪の一歩としてつづけてみましょう

どんどん変わっていく髪への実感を感じてくださいね

美髪師 KAME

RECOMMEND

1

美髪師 KAME (ヘアメイクアーティスト)プロフィール  1982年横浜生まれ 2004年美容師免許取得 元町の美容室勤務を経て 22歳の時にヘアメイクとして独立 以降15年渡り横浜を中心に 某アー ...

-美髪

© 2021 美髪研究所 KAME